メンタル・マインド

「継続は力なり」。継続力を維持するコツを紹介【挫折して自分を責めちゃう人必見】

継続は力なり

こんにちは、ゆーたです。

 

今回は継続力についてお話ししていきたいと思います。

 

 

ゆーた
今回の記事はこんな人に役立ちます。
  • 継続力をつけたいと思っている人
  • 進行形で何かに挫折している人

 

 

『継続は力なり』

何かになりたい、あるいは何かを達成させたいと思ったときに必要になってくるのが継続力です。

今年の夏は海に行く!7月までに10kg体重を減らす!

100万円貯金するぞ!家計簿をつける!

自分を変える!よし日記を書こう!

 

あなたも一度は挑戦したことがあるんじゃないですか?

僕はすべて経験してきました。

と同時に挫折しました。

 

しかしそんな僕でも「継続は力なり」を経験、実感してます。

それがビジネスやコンプレックス改善においてでした。

 

あ、この入り方だと、もしかしたら売り込みがあるかと思ってしまうかも知れませんが、そんなことは一切ないので安心してください(笑)

 

純粋に継続力について、僕の経験談を交えてお話しします。

スポンサーリンク

 

「継続は力なり」。継続力のつけ方

継続 維持

継続力のベストなつけ方。

結論から言います。

 

それはズバリ、

習慣化させること

これに尽きます。

 

 

あなたは毎朝、寝る前に歯をみがくはずです。

 

お風呂にだって入るでしょうし、

出かけるときには服をきて出ていくはずです。

 

これらはすべて『習慣化』されているからできることです。

 

うっかり服を着ずに外にでることはないでしょうし、

体がベタベタして寝付けないのにお風呂に入らないこともないでしょう。

 

ものごとが『習慣化』されると、

それを無意識にできるようになります。

それをやらないと不快感を抱くようになります。

 

継続力をつけるときにはこの『習慣化』を利用するのが最強です。

 

習慣化させる4つのコツ

習慣化 コツ

習慣化させるには以下の4つを押さえる必要があります。

ポイント

目的を明確にする

即動く

ステップアップを小さく(ベビーステップ)

挫折をおりこむ

 

①目的を明確にする

これが最重要です。

なんのためにそれをするのか。

達成するとどんなリターンがあるのか。

 

この目的がブレていたり、はっきりしていないと継続することはむずかしいです。

 

好きなことであれば目的など関係なく「好き」だから続けることができますが、

継続力を必要とする場合「嫌い」が先行しているので、目的が明確にないと続けることが困難になります。

 

なぜやるのか?

なにを得たいのか?

どんなリターンがあるのか?

やらないとどうなってしまうのか?

 

継続力をつけるためには、まず目的を明確にしてください。

 

 

②即動く

脳は0.1秒で起こった出来事を認識します。

そして、0.5秒以内にその出来事が"好き"か"嫌い"に振り分けてしまいます。

 

さきほども言いましたが、ものごとを継続できない理由のひとつに、

『やりたくない』というネガティブマインドが原因になっています。

 

そのため、脳が「イヤだな~」と判断するまえに行動に移すのです。

 

 

「え?でも仮に即行動したとしても結局イヤになって辞めちゃうんじゃないの?」

って思いました?

 

実は脳には「作業興奮」という特性があります。

 

たとえばこんな経験ありませんか?

・ふだん掃除なんかしないけど、一度やり始めたら止まらないんだよね

・勉強なんて嫌いだけど、問題集をやってるとここまでは終わらせたいって思っちゃう

・興味がない動画が目に入ったけどついつい最後までみちゃった

 

これらはすべて作業興奮によるものです。

 

脳は一度やり始めたことに浸かり続けることに快感をおぼえ、続けたくなる性質をもっており、

ドーパミンなどホルモン分泌による効果となります。

 

 

この効果を得るためにはとにかく動く必要があります。

止まっていては生まれません。

動いて脳に刺激を与え、ホルモン分泌をうながします。

 

動くためには脳に好き嫌いを判断させてはいけません。

 

脳が好き嫌いを判断をしてしまう前に動くには、

即行動が必要となるのです。

 

③ステップアップを小さく(ベビーステップ)

目標のハードルを下げ、トライすることをベビーステップと呼びます。

 

ベビーステップを踏む理由としては、

  • モチベーション維持のため
  • ハードルを低くするため
  • より多く成功体験を積むため

 

ベビーステップを踏むことによって、あなたの中に良いイメージと自信を持たせます。

 

良いイメージはあなたに自信を持たせ、

自信を持ったメンタルはこれまで以上の力を発揮してくれるようになります。

 

完璧主義者になって、無理なハードルを設定するのではなく、

まずはあなたにとって負担にならないハードルから慣らしていってください。

 

たとえば、

なかなかランニングができないときはスポーツウェアを着て家を出るだけでもいいです。

それができたら明日は歩いてみよう。

それができたらあの角まで走ってみよう。

 

読書習慣をつけたいなら、

今日は本を買いに行こう。

明日は本を開いてみよう。

次は一文読んでみよう。

次は好きなところまで読み進めてみよう。

 

 

一見ばかばかしく思えるかも知れませんが、

うまく動き出せないとき、習慣化できないときにベビーステップを踏むのは、

想像しているよりもはるかに効果があります。

 

そうやって動き出したら、

きっと止めるのがイヤにさえなってしまうかも知れません。

 

そう、作業興奮の出番です。

 

 

まずはベビーステップを踏み、行動へのハードルを下げ、

作業興奮を利用してください。

 

 

 

④挫折をおりこむ

 

動くことができたら、今度はその記録を少しずつ伸ばしていきます。

 

しかしここでやってくるのがご存じ『挫折』です。

ですが心配ありません。

 

対処法としては、

"挫折をすでにおりこんで行動する"

です。

 

完璧主義者」な人ほど挫折を引きずる傾向にあります。

 

思い出してほしいのですが、

あなたがその事柄を習慣化したい、継続したい理由とはなんだったでしょうか?

 

失敗なく完遂することでしたでしょうか?

 

いえ、完遂することではなく達成することこそが目的なはずです。

 

 

目的を達成する途中に挫折をすることはあります。

どんな天才であれどんな一流アスリートでさえです。

 

もちろん僕もです。

 

 

挫折は、挫折のままでいるから悪なだけであって、

乗り越えて挫折から起き上がれば、それは経験へと変わります。

 

ポイント

  • 挫折をおりこむ
  • 倒れたら起き上がる

途中の挫折にフォーカスするのではなく、

目的を明確にし、

最終的な目的達成にフォーカスしてください。

 

 

継続力の体験談

継続 大切さ

継続力。

これを僕に置き換えてお話ししてみます。

 

 

個人の力だけで収入を得られるようになった

僕は現在インターネットをつかってビジネスをしています。

個人貿易ビジネスです。

 

貿易というとちょっとむずかしそうですがそんなことはありません。

実際僕ができちゃってますしね(笑)

どんなものかはググればいっぱい出てくるので興味があるのであれば調べてみてください。

 

 

今でこそ僕も個人貿易で利益を上げることができてますが、最初は赤字つづきでした。

取り組み始めておよそ2年半になりますが、多い時で40万円、少ないときでも10万円程度は毎月稼げるようになりました。

 

どうしてそう成れたのか?

 

これはひとえに継続力のたまものだと実感しています。

 

現在に至るまでには実際なんども挫折しています。

が、インターバルを置いて、そのつど起き上がっていまの僕があります。

 

先日、府中で先輩と飲む機会があったのですが、そのときも

「偉いよなー。それずっと続けてるもんなー」

と言っていただきました。

 

自分のためにやっていることではありますが、

人にそんな風に言われるとやっぱりうれしいものです。

その日はちょっと飲みすぎてしまいましたが(笑)

 

ともあれ、すべてにおいて継続する力こそが、

いまの僕を作ってくれたのだと断言できます。

 

途中で挫折をしてもかまいません。

それでも何度もチャレンジしてやり続ける、

これも立派な継続力です。

 

むかしの僕もそうでしたが、

完璧主義的に、いっさい途切れることなく続けることだけが継続力ではありません。

 

「目的を到達するまで続ける」

「大局的に見て継続する」

これこそが継続力です。

 

 

他の成功体験でいえば僕の場合、

ダイエットとギャンブル依存症克服があります。

 

 

2度のダイエットに成功

7kg、10kgの減量と、ダイエットに2度成功しています。

ただ残念なことに、いまはリバウンドして元の体重より少し多めになってしまっています。

 

なので次の目標は、

「8kg減量」

「リバウンドしない生活習慣の習得」

です。

 

たぶん達成できます。

 

 

ギャンブル依存症を克服

3年半前、2015年6月まで僕はギャンブル依存症でした。

内容はパチンコ・スロットです。

 

僕のケースでいうと、ギャンブル依存症に浸かって上がるまでにおよそ10年かかりました。

まじできつかったです(笑)

 

この件については別の機会に改めてお話しできればと思いますが、

ざっくり話すと、途中何度も何度も失敗しています。

その間、いろんなものを失ってきました。

 

でも挫折のたびに、インターバルを置きつつ何度も何度もトライしました。

やっと抜け出すことができました。

 

正確にいうと依存症においては完治はない、と思っています。

あくまで個人的見解ですが・・。

 

なのでいまも予断できません。

禁ギャンブルを常に意識して、継続し続けています。

 

 

今があるのは、

途中の挫折を悔いるのではなく、あくまで、

『ギャンブル依存症の克服』

ここにフォーカスし、トライし続けた結果です。

 

 

実例はギャンブル依存症とお恥ずかしい内容なので胸は張れませんが、

継続力という点においては確信を持っています。

 

 

タバコもやめて9年になります。

 

 

どちらも継続の記録更新中です。

 

 

継続力をつけるのに参考にした本

ここまで継続力についてたくさんお話ししてきました。

最近の僕は、もっぱらダイエットとブログ更新に力を入れています。

 

そのため、改めて継続や習慣について勉強し直そうと思い、いろいろ本を読み漁りました。

その中で参考になりそうなタイトルがいくつかあったのでご紹介しておきます。

興味がぜひあれば読んでみてください。

【習慣が10割】

 

【自己肯定感の教科書】

 

まとめ

脳は習慣的におこなっていることを求め、できないとき不快感を抱きます。そこに善悪は存在しません。

 

  • 目的を明確にする
  • 即動く
  • ステップアップを小さく(ベビーステップ)
  • 挫折をおりこむ

これら4つを実践し、習慣化することによってぐっと継続力を身につけることができます。

 

 

脳の性質を押さえ、

「目的を到達するまで続ける」

「大局的に見て継続する」

意識してトライしてみてください。

 

 

by ゆーた

-メンタル・マインド

© 2020 ゆーたブログ