eBay輸入(海外せどり) ビジネス

【売るためにすべきコト】ヤフオク!アクセス数とウォッチ数の捉え方と販売方法【タイトルと写真が超重要】

更新日:

ヤフオク アクセス数 ウォッチ数

こんにちは、ゆーたです。

今回は、「ヤフオク出品時のアクセス数とウォッチ数」をテーマにお話ししていきます。

 

まずは以下のツイートをご覧ください。

ヤフオクのアクセス数とウォッチ数って暇があったら見ちゃうんですよね。わかります。
ただ両者の数の増減で一喜一憂するのはあんまり良くない。もちろん多いに越したことはないけどあくまで目安。
少なくても売れ時は売れます。
商品リサーチとタイトル、写真。ここに注力しましょう。ダメなら損切り

 

アクセス数とウォッチ数が増えたり減ったりするだけど気持ちの浮き沈み、ありますよね。

わかります。

 

でもいちいち一喜一憂していたら精神衛生上良くないですし、少々の変動は取るに足らないくらいどうでも良いことです。

売れるときは売れますし売れないときは売れません。当たり前ですが。

 

今回はアクセス数、ウォッチ数の捉え方と、売るために気を付けるべきことを僕なりの視点で解説していきます。

 

 

ゆーた
こちらの記事はこんな人に役立ちます
  • ヤフオク!アクセス数、ウォッチ数は増えるけど心落ち着かない人
  • ヤフオク!アクセス数、ウォッチ数がなかなか増えない人

スポンサーリンク


 

ヤフオク!アクセス数とウォッチ数の捉え方と販売方法

ヤフオク アクセス数 ウォッチ数

ヤフオク出品時はアクセス数とウォッチ数の揺れに心惑わされることなく、冷静に対処してください。

 

ヤフオク!のアクセス数とウォッチ数はあくまで目安だと心得る

まず、タイトルにある通り、ヤフオク内でのアクセス数とウォッチ数はあくまで目安として捉えます。

数字変動に心動かす気持ちはわかりますが、最終ゴールは売ることです

 

途中でアクセス数が伸びようともウォッチ数が減ろうとも、売れなければどちらも同じ結果です

 

ただしそれら数字の動きを読み取り、より商品を売れるように改善していくことは大切な作業となります。

数字に無関心であるのではなく、上手に使うのが「売る」というゴールに近づく秘訣です。

とはいえ、増減に揺らぐ気持ちは痛いほどわかります。。はい。

 

アクセス数とウォッチ数を伸ばす方法

商品を仕入れ、「すでに出品ページを作っていて、あとは出品するだけ」という場合、そこからアクセス数とウォッチ数を伸ばす方法はざっと以下の2つになります。

  • 1円など低額オークションスタートで出品する
  • 有料オプションを使う

 

それぞれ解説します。

 

低額オークションで出品する

低額オークションで出品すると当然ながら気になる人は何度も商品ページを見てくれますし、ウォッチリストに入れて気にかけてくれます。

ほしい商品を安く手に入れたいからです。

 

「え?低額出品だと赤字になるんじゃない?」とあなたは思うかも知れません。

ですが、きちんとリサーチされた商品を出品しているのであれば、たとえ1円スタートでオークション出品したとしても値は上がります。

エルメスのバックやマイセン洋食器が500円で落札されないのと同じです。

 

ちなみに僕の得意分野は中古・アンティーク品を軸にしたebay輸入となりますが、しっかりリサーチされた商品は最終的には相応の値段になって落札されます。

リサーチのやり方は別の記事で紹介していますので興味があればご覧ください。

⇒ 僕がせどりでオススメするジャンルeBay輸入!せどりは仕入れが命。商品リサーチ方法を大公開!【見て判断してください】

 

とはいえ、アクセス数とウォッチ数を伸ばしたいからと言ってむやみに低額オークション出品をしていたらケガをするおそれがあります。

「欲しい!」という人が多くいないとオークション形式は成立しないので、きちんとリサーチをし、低額スタートで出しても問題ないと判断できている商品のみ低額オークションで出品しましょう。

それ以外は利益を含めた定額出品がオススメです。

 

有料オプションを使う

ヤフオクではお金を払って出品商品を目立たせることができます。

  • 注目のオークション
  • あなたへのおすすめコレクション
  • アフィリエイト
  • 太字テキスト
  • 背景色
  • 目立ちアイコン
  • 贈答品アイコン

 

ここではそれぞれの解説は割愛しますが、オススメは注目のオークション」「アフィリエイト2つです。

以前までは「背景色」も有効なオプションでしたが、現在では変色する範囲が狭まり目立ち効果が激減しているのでオススメから外します。

 

「注目のオークション」

「注目のオークション」とは、カテゴリー別にヤフオク出品一覧上部に自分の商品が表示されるシステムです。

⇓⇓⇓ こんな感じ ⇓⇓⇓

ヤフオク 注目のオークション

もっとも目立つシステムですが、その分料金も高く、人気のカテゴリーだと1日掲載だけで数百円かかることもあります。

もちろん効果もそのぶん高いので、自信のある商品であれば積極的に使うことをオススメします。

ちなみにオークション終了間際になると競争率が上がり、掲載値段もつり上がりますから、利用時には考えて使っていただければと思います。

 

「アフィリエイト」

アフィリエイトは、他者のホームページやブログサイトのページ内に、時折出現する広告のことになります。

ヤフオク アフィリエイト

アフィリエイトは、低料金で利用することができるので非常にオススメです。

しかも、表示率にランダム性があるとはいえ、自分の商品に興味をもっているページ閲覧者に何度もアピールしてくれるので訪問してもらいやすくなります。

とても効果が期待できる上にコスパが良いため、出品時にはぜひ利用することをオススメします。

 

ちなみに利用料金は

アフィリエイトパートナー報酬」と

アフィリエイトシステム利用料」という2つの合計です。

 

ちょっとわかりにくいのでかみ砕いて説明すると。

まず「アフィリエイトパートナー報酬」は、

落札価格の1%になります。

 

「アフィリエイトシステム利用料」は、

アフィリエイトパートナー報酬の30%になります。

 

具体的に数字を使って説明します。

 

例えば10,000円で商品が落札された場合、

アフィリエイトパートナー報酬額は、落札価格の1%なので、

10,000円×1%=100円

 

アフィリエイトシステム利用料は、アフィリエイトパートナー報酬の30%なので、

100円×30%=30円

さらにアフィリエイトシステム利用料には消費税がかかりますので、税込32円

合計 100円 + 32円 = 132円

 

落札価格が10,000円だった場合のアフィリエイト料金は132円になります。

計算はこんな感じですね。

 

利用料金が低額な上に、料金発生条件もアフィリエイト経由で購入された場合に限りますので、「とりあえず使ってみよ」といった軽い気持ちで使ってもまったく問題ありません。

 

 

ちなみにですが。

背景色オプションについてもちょっとお話しすると、通常ヤフオク出品時には背景色は白色で表示されます。

しかし背景色オプションを使うと黄色に変え目立たせてくれるのがこのシステムです。

ところが、仕様変更され変色範囲が狭まった現在では、商品枠全体ではなく、商品タイトルの背景色のみ黄色に表示されます。

ヤフオク 背景色

以前は自分の商品欄すべてが黄色になった上で利用料金32円と低価格だったのでとても優良なオプションでした。

残念です。

 

ヤフオク!で商品を売れやすくする方法

ヤフオク!で商品を売れやすくする方法

長くなってます。すいません。

ここからはさくっと解説するのでもうしばらくお付き合いください。

ここではヤフオクで商品が売れやすくために押さえるべきポイントをご紹介します。

裏技というよりはマスト事項な感じです。

出品の際にはしっかりポイントを押さえて売れる確率を上げてください。

 

タイトルと写真が超重要

ヤフオクで商品を売れやすくするために気を付けるべきポイントは2つ。

商品タイトル写真です。

 

基本的にお客様は、ほしい商品の商品名ブランド名関連キーワードを検索欄に打ち込んで商品をさがしにきます

 

なので、もしタイトルと商品に関連性がなかったり、あるいは大事なキーワードが抜けていたりするとお客様が集まりにくくなります。

 

タイトルを付けるときに重要な考え方は、

『お客様がどんなキーワードを使って検索をしてくるか?』

この部分を先読みしてタイトルを付けることです。

 

 

たとえば、1964年に海外で発売されたミッキーマウスのカップ&ソーサーがあったとしましょう。

これにタイトルを付けるとするなら、

  • 1964年
  • ミッキー
  • カップ

この3つは必ず入れておいた方がいいですね。

僕なら、

【極希少!1964年製 ミッキーマウス カップ&ソーサー ディズニー リアドロ社 限定コラボ商品 海外 イギリス製 英国】

こんな感じで、お客様が使いそうなキーワードを使い、かつ思わず買いたくなるようなワードも織りまぜてタイトルを決めます。

 

 

次に写真ですが、写真撮りのコツは、

  • ブレなく綺麗に撮る
  • ブランド印やシリアルナンバーなど大切な部分を撮る
  • 状態の良好度がわかるように撮る
  • 全方向から撮る
  • アピールポイントや逆にネガティブポイントも包み隠さず撮る
  • 商品以外の余計なものは撮らない

こんな感じです。

 

ネット販売は実店舗販売とちがって直接商品を手に取ってみることができせん。

なのでヤフオク出品時には、上記のポイント押さえつつ写真撮りする意識を持ってください。

 

写真撮りの際の背景は基本的になんでも良いですが、ちょっとプロ感や上質感を出すのであれば、グラデーションぺーパーなどを使ってみると良いですね。

 

 

 

有料オプションを使う

オススメの有料オプションついては前項でお話ししましたが、基本的に、

「注目のオークション」

「アフィリエイト」

この2つだけで十分効力を発揮してくれます。

 

もちろん他のオプションも効果はありますが、

費用対効果を考えた場合あまりコスパは良くないのではと個人的には思っています。

もっと言うと、基本は「アフィリエイト」だけを使い、自信のある商品にだけ「注目のオークション」も使う

これくらいのスタンスでまったく問題ありません。

 

商品が売れるかどうかはリサーチの段階で8割がた決まってしまいます。

有料オプションをたくさん使えばその分高値になるというわけではないので、

出品時の大事なポイントは押さえつつ、効果的にオプションを使うようにしましょう。

 

商品説明文は?

ヤフオク!で商品を売れやすくする方法

ヤフオク出品時に大切なのは商品タイトル写真とお話ししました。

おそらくあなたは「説明文は?」と思ってるとおもいます。

 

たしかに商品説明は欠くことのできない要素ではあります。

ですが極端な話、タイトルと写真さえきちんと載せていれば、説明文に「どうぞよろしくお願い致します。」の一文だけでも売れます。

 

  • きちんとした商品リサーチ
  • 適切なタイトル
  • 鮮明な写真

これら3つさえ押さえていれば、お客様からあなたの商品を欲しがります。

タイトルに重要なキーワードを入れ、ちゃんと状態のわかる写真を載せていれば、お客様自身で判断して購入してくれるものです。

僕はebay輸入歴約3年ですが、経験則でほぼほぼまちがいありません。

 

とはいえ、本当に「どうぞよろしくお願い致します。」の一文だけでは素っ気なさすぎますし、説明文にも載せるべき点はあります。

それは、

  • 大きさ
  • 状態
  • アピールポイント(ネガティブポイントがあれば正直に載せる)

これら3点です。

最低限これらを記載しておけば大丈夫です。

 

もちろんもっと詳細な商品情報を載せてもかまいません。

この辺りは好みによります。

 

僕の場合、説明文をたくさん書くのはモチベーション低下につながるので、

これだっ!と思った商品以外は、極力タイトな説明文で済ませるようにしています。

 

まとめ

ヤフオク!アクセス数とウォッチ数の捉え方
  • アクセス数とウォッチ数はあくまで目安と捉える。
  • 数字の増減に一喜一憂せず、数字の動きを分析し今後に生かす

 

アクセス数とウォッチ数を伸ばす方法
  • 低額オークションで出品する(自信がある商品に限る。それ以外は定額出品が無難)
  • 有料オプションを使う。オススメは「注目のオークション」と「アフィリエイト

 

ヤフオク!で商品を売れやすくする方法
  • 適切なタイトルをつける
  • 商品が鮮明にわかる写真を撮る
  • 有料オプションを使う
  • なによりリサーチをきっちりした商品だけを仕入れるように心がける

 

説明文は、

  • 「大きさ」
  • 「状態」
  • 「アピールポイント(ネガティブポイントがあれば正直に載せる)」

上記の3点でも大丈夫。

もちろんもっと詳細文を載せたい場合は載せてもOK

 

以上となります。

 

どんなビジネスでもそうですが、力を入れるところとそうでないところ。

このポイントを見極めながら取り組むことが成功への近道となります。

 

どうぞご参考ください。

by ゆーた

-eBay輸入(海外せどり), ビジネス

Copyright© ゆーたブログ , 2020 All Rights Reserved.