警備業

【警備歴7年半】警備員の平均給料っていくら?内部事情もそえてお答えします

更新日:

※こちらの記事は2019年8月末に作成したものです。

警備員 給料 平均

こんにちは、ゆーたです。

今回は「警備員の平均給料っていくら?」をテーマにお話ししていきます。

 

僕は警備員を27歳から35歳まで約7年半やっており、

内部事情を知った僕視点で、警備員のお給料事情をひも解きます。

 

ゆーた
こちらの記事はこんな人に役立ちます
  • 警備員の平均給料を知りたい人
  • 警備員でたくさん稼ぐ方法を知りたい人

 

【警備歴7年半】警備員の平均給料っていくら?内部事情もそえてお答えします

警備員 給料 平均

これから警備員をやってみようかなと考えると、やっぱり気になるのがお給料面ですよね。

ここでは警備員のお給料事情と、警備員でもっと稼ぎたいときにするべき3つのポイントについてお話しします。

 

警備員の平均給料って?

まず結論からいうと警備員の平均お給料は、

手取り月収20万円

年収240万円が平均といったところです。

手取りで月収20万円くらいですからふつうに生活する分にはまったく問題ないと思います。

もちろんここに別途交通費も上乗せされます。

 

会社によっては交通費支給をしていないところもありますが、

警備員不足の現代は人員確保のため大体の会社で支給してくれます。

ただ

1日往復1000円までとか、

電車通勤時は指定路線以外を使用すると支給不可など、

支給基準も会社によってさまざまです。

 

勤める会社を決める前にきちんと調べておくといいでしょう。

 

え、月収20万円?オレはもっと稼ぎたいのに

と思っています?

 

それ、実は可能です。

 

すぐにその方法をお教えしますのでもうちょっと待ってください。

 

手当ってある?

僕が警備員になった2012年ころは社会保険などありませんでした。

たしか雇用保険も任意だったような...(ちがったらすいません。。)。

 

とにかく当時のうちの会社ではあまり手当がありませんでした。

というより時代的にそうだったのかも。

 

「ブラック企業はんたーい!」

とよく耳にするようになりましたが、

いまでは政府主導のもと働き方改革が進んでいます。

 

うちの会社でも数年前から社会保険加入はむしろ絶対になりました(勤務日数が極端に少ない人は別対応してるようです)。

なのでこの点は若い子に特に良い体制だと思います。

 

有給休暇も年間10日は使いなさいと会社側から言われるくらいで、

いまではすっかり働きやすい会社となりましたね。

もちろん交通費も全額支給されますし、年二回賞与も出ます。

夏場にはドリンク代として1日200円くらい給料に上乗せされるのでけっこう助かっています。

 

他の警備会社でもどんどん体質改善がおこなわれ、

警備員はいまでは働きやすい職業となりました。

 

とはいえ会社によってはまだまだブラックなところもあるかも知れません。

ネットでもいいですし、面接時でもいいので入社する前には必ず給料面、手当面、福利厚生などについては必ずチェックするようにしてくださいね。

警備会社検索はこちらからもできます。

⇒ 【マッハバイト】(旧ジョブセンス)

 

 

警備員でもっと稼ぐためにすべき3つのこと

お待たせしました。

警備員でも「手取り20万円とかじゃなくもっと稼ぎたい!」というあなたに、

警備歴7年半の僕からすべき3つのポイントお教えします。

そのポイントとは以下の3つです。

  • 連勤する
  • 自転車通勤で交通費を浮かす
  • 資格を取る

 

それぞれ説明しますね。

 

連勤する

警備員でたくさん給料を稼ぐために最も効果的で即金性が高い手法が、

連勤(れんきん)です。

 

連勤とは、

1日に2勤務以上働くスタイルのことです。

稼いでる警備員さんはほとんどこの連勤をしています。

 

たとえば、

昼間に日勤としてはたらき、その日の夜に夜勤としてはたらきます。

ただしそのまま翌日丸1日休んでしまっては意味がないので、

夜勤明けそのまま次の日の日勤ではたらきます。

 

これで2日で3勤務分はたらいているので1勤務分余計に稼げたということになるのです。

 

⇓⇓⇓以下の表をご覧ください⇓⇓⇓

警備員 給料 平均

 

表に従うと、この警備員さんは1週間で8勤務分はたらいていることになります。

 

日曜日も休んでますし、本来なら6勤務分しか稼げないはずですが、

警備員だとこんな"連勤術"が使えちゃうんですね。

 

もちろんもっと稼ぎたい人は日曜日も休まずはたらいたり、

4連勤、5連勤、それ以上の連勤をこなすツワモノもいます。

 

ただし、立ったまま寝れるくらいつらいです(笑)

 

そして連勤をすることで月手取り30万円や40万円。

レジェンドは月50万円稼いでいる人もいました。マジすごかったです。。

 

最近の警備員さんは大体1勤務1万円ですので、

通常、月25日はたらいたとして25万円。そこからもろもろ引かれ手取りで20万円。

 

連勤者はそれプラス10~15勤務はたらくので、約10万円の上乗せ、

という計算になります。

 

年収でいったら360万円以上となるわけですから、

お給料としてはけっこうスゴイですよね。

 

 

でも実は、こんなはたらき方ができるのは、

現場によっては2~3時間くらいで終わったりすることもあるからです。

実はそうなんです。

 

そもそも警備ってそんなに激しく動く仕事でもありませんし、

肉体的負担は比較的少ないです。

かつ、数時間で終わる現場だったりすると、

次の勤務までのあいだ仮眠をとり、元気になった状態で仕事に就けたりするんです。

 

なので連勤という芸当ができるんですね。

 

 

ですが僕の経験上、3連勤くらいが肉体的にもちょうどいいと思います。

 

会社にとっても連勤者は他の警備員さんよりも稼いでくれるわけで、ある種の稼ぎ頭です。

連勤がつらいことは会社も知っているので、

勤務2~3時間の短い現場はなかなかありませんが、

比較的早く終わるような現場に充ててくれたりもします。

 

とはいえです。

連勤者だからと言っていつもおいしい現場にばかり行かせると、

それを当たり前と思い込み横柄になったりする警備員さんも出てくるので上手くバランスは取ってきます。

 

僕の体験談だと、最短、驚異の20分で終わった現場もありましたし(あれは最高においしかった...)、

逆に、6連勤すべて残業だったときもありました(あれは本当に死ぬかと思った...)。

 

稼ぎたい人は会社と体調と相談しながら連勤することをオススメします。

 

自転車通勤で交通費を浮かす

自転車通勤で交通費を浮かすというのは、

本来、電車賃として支給される交通費を電車に乗ることなく自転車で現場まで向かい勤務終了後自転車で帰宅するというものです。

これは多くの警備員さんが使っている交通費節約法になります。

 

会社によってはNGとしてるところもあるかも知れませんがうちの会社ではオッケーです。

むしろ自転車通勤している人は、全員自転車保険に入らされるくらいです。

もちろん会社払いで。

 

なので少しでも稼ぎを増やしたいのでしたら自転車通勤は選択肢に入れておくべきです。

 

資格を取る

警備員には2級者資格というものがあります。

正式名称を「交通誘導警備業務検定2級」といいます。

 

どういうものかというと、

道路を警備する際、場所によっては国の決めた資格者を配置する必要がある道路が存在します。

これを資格者配置路線といいます。

 

どういう基準で配置路線が決められいるかはわかりませんが、

一説によると、交通量の多い道路であったり事故の多い道路が配置路線になったりしているそうです。

 

そしてこの配置路線で警備をする際は必ず2級資格者がいないといけません。

もし違反すると、抜き打ちでくる検査員の人に見つかり会社が摘発され、

最悪営業停止になります。

 

なのでこの資格を持っている警備員さんは重宝され日給が上がります。

うちの会社では+1000円でした。

ちなみに僕は持っていませんが。

 

資格自体は会社から「取らない?」と話が回ってくるので、

しっかり勉強して取る意欲があれば取得可能です。

 

そう、とうぜん試験年間を通して、各警備会社で資格を取れる枠数が決まっているそうなので(僕はそう聞きました)、があります

 

しかもけっこう受験料も高額で、

試験に関わる必要日数はその警備員さんのために日給を支払ってあげなくてはいけません。

でないと生活が苦しくなりますからね。

 

なのできちんと取ってくれそうな人でないと会社としても困ります。

 

もしあなたがしっかり勉強してでも給料を増やしたい!と思うのであればぜひ志願することをオススメします。

 

この資格を持ってるだけで平均年収だってグッと上がるわけですから、できれば取っておきたいものです。

僕も取りたかったのですが、なぜだか縁に恵まれませんでした(笑)

 

まとめ

警備員の平均給料
  • 手取り月収20万円
  • 年収240万円

 

手当て等は?
  • 社会保険加入
  • 有給休暇消化を促される
  • 賞与あり
  • 季節によってドリンク代等の手当てがついたりする

 

警備員でもっと稼ぐためにすべき3つのこと
  • 連勤する
  • 自転車通勤で交通費を浮かす
  • 資格を取る

 

うちの会社では上記のような体制、稼ぎ方ができます。

くりかえしますが、他の警備会社によっては当てはまらないこともあります。

 

入社する前にネットで調べたり、面接時に直接聞いてみたりして確認することにしましょう。

 

by ゆーた
警備員問い合わせフォーム

警備員になりたい、なるか悩んでる、という方はこちらよりお気軽にご相談ください。僕がお助けいたします。


スポンサーリンク

-警備業

Copyright© ゆーたブログ , 2020 All Rights Reserved.